1. HOME
  2. ソリューション一覧
  3. 省エネ・脱炭素
  4. 熱対策塗料・フィルム

RADIATIVE COOLING熱対策塗料・フィルム

ゼロエネルギーでカーボンニュートラルに貢献

Radi-Cool とは

地球上のあらゆる物体は熱を放射する際に電磁波の領域で放射しており、 受ける熱よりも放射する熱量が上回る現象を 「放射冷却」 と呼びます。
Radi-Cool 製品は日射を高い割合で反射する既存の技術と高い放熱技術を複合すること により、 製品表面への蓄熱を防ぎ、 なおかつ裏面の熱も吸収、 放射も可能とした製品になります。
また放射する時に熱を 「大気の窓」 よ呼ばれる波長領域に集約することによって、 地球温暖化の原因でもある雲に阻害されない熱放射を実現しており、 日中においても大気との熱交換を可能としております。

Radi-Coolとは

「断熱」「遮熱」との違い

断熱

断熱

〇:熱伝導率が低いので、日射熱が室内に入りにくくする
×:室内の熱を外に放射するのも防いでしまうので結果温度が上昇

遮熱

遮熱

〇:日射反射率を高めて入熱を抑える
×:放射率が低いので、段々蓄熱していき結果温度が上昇

放射冷却は、日射の高反射と、吸収した熱の高放射を同時に実現!

商材紹介

当社では塗料とフィルム(透明・反射)の取り扱いがございます。

ラディクール塗料

塗料

 
ラディクールフィルム

フィルム

 

エネルギーを消費せず、 環境負荷のない革新的な技術を応用したRadi-Cool は、暑い夏でも涼しさを感じられるSDGs素材としても注目されています。
炎天下でも日陰のような涼しさを届けます。

カーボンオフセット燃料

大型建築・太陽光発電所・低温物流・交通運輸・農業など幅広い用途で使われ、全国各地の空港の連絡通路や搭乗口の外装などにも採用されています。

羽田空港

他社製品比較

1)塗料

■測定対象:金属板+フィルム
■測定場所:東京都中央区
■気象温度:17℃
■測定日時:2020年3月26日
塗料結果

塗料サーモグラフィ

2)フィルム

■測定対象:金属板+塗料
■測定場所:東京都中央区
■気象温度:17℃
■測定日時:2020年3月26日

塗料サーモグラフィ

Radi-Cool塗料の冷却効果

◇施工建物での冷却効果◇

屋根の放射冷却効果の為、天井からの放射熱が少なく、 体感温度が低くなり、冷房費削減に貢献。
塗料で放射冷却できるのは、Radi-Coolのみ。

施工事例(塗料)

日産サービスセンター(株)九州支社の屋根に塗装。(2棟中1棟施工)

◇時間帯による温度変化◇

放射冷却効果で、天井の温度上昇が抑えられます。

時間帯による温度変化
時間帯による温度変化
 
実際の現場の声

実際の現場の声

Radi-Cool塗料の耐久性

自動車用規格(日産自動車社内規格)で試験を実施し、冷却性能維持を確認済。

◇塩水噴霧試験(塗料密着性)◇

  • 塗装板表面において、ラディクール社製の塗装板は 従来の塗装板よりも、約7℃冷える。
  • 塩水噴霧後であっても、ラディクール社製塗装板の放射冷却性能に変化なし。

※塗装板 白は、鉄板に日産純正塗料(ブリリアントホワイトパール)を塗装したもの。
※左記温度は測定時の平均温度。

施工事例(塗料)

◇耐候性試験(キセノン照射)◇

構造変化なし、放射冷却性能変化なし

耐久性試験
耐久性試験

施工実績(フィルム)

羽田空港(PBB#57番L2)

■施工箇所:
屋根・側面(ガラス面)
■素材:
屋根・側面→シルバーフィルム
ガラス面→透明フィルム
■測定期間:
2020年8月17日~8月21日
■サイズ:
長さ45.2m×幅3.1m×高さ2.3m
■施工面積:
350㎡
■目的:
お客様・従業員の環境改善対策
羽田空港
フィルム導入
時間帯による温度変化

放射冷却素材の導入メリット

労働環境の改善

労働環境、教育環境等の改善

 
養鶏所

暑さに弱い生物や農作物の飼育・生産環境の整備、生産性の向上

 
倉庫

暑さに弱い食品・機械・薬品等の保存環境の整備

 

よくあるご質問

  • JIS K 5602(塗膜の日射反射率の求め方)
  • JIS K 5675(屋根用高日射反射率塗料)
  • JIS K 5603(塗膜の熱性ー熱流計測法による日射吸収率の求め方)

温度差により結露の解決はできません。温度差が縮まることで和らげることは可能です。

可能ですが、耐久性は通常環境より大幅短縮する可能性が大きいです。詳しくはお問合せください。

Radi-Cool製品はすべて物体の外側、室外での使用が前提です。

透明フィルムは遮光しません。反射フィルムは完全遮断します。

耐久年数は一概に言えませんが、促進耐候試験の結果では、フィルムは5-7年、塗料は10-14年目安です。

塗装工事も可能です。お気軽にお問い合わせください。

フィルムの方が冷却効果は高いです。塗料はフィルムの約80%程度です。

シルバー型フィルム:透過率 0%
透明型フィルム:透過率 4.2%(※JIS A 5759による試験結果)

遮熱製品は日射反射率を高めて入熱を抑えるものなので、放射率が低いので段々蓄熱していき結果温度が上昇します。
断熱製品は熱伝導率が低いので日射熱が室内に入りにくく、反面室内の熱を外に放射するのも防いでしまいます。
ラディクールは、日射の高反射と、吸収した熱の高放射を同時に実現した商品なので、直射日光の環境でもエネルギーを使わず環境温度より低い状態に保つことができる商品です。